原付二種(125cc)のスクーターで静岡の道志の森キャンプ場でソロキャンプツーリング

スポンサーリンク
バイク・Vespa

先日のシルバーウィーク直後の平日休みを使ってツーリング旅行に行きました。

ツーリング、といっても、私のバイクは125ccのスクーター。原付二種と呼ばれるバイクです。原付と違って、車と同じ速度で走行出来ますが、高速道路、自動車専用道路は通れないという制限があります。小さなバイクなので、環状道路で車と同じ速度で走っていると結構疲れます。

今回は、まとまった休み取れたので、直前に思い立って、静岡方面へ3泊4日の旅行に行ってきました。 

旅のルートは東京南東部の自宅から、多摩方面を通って山中湖近くの道志の森キャンプで1泊。

富士五湖を観光して、静岡駅近くで2泊目。

3日目は御前崎まで行って、富士宮まで戻って3泊目。

4日目は箱根、小田原を通って海沿いに帰ってきました。

スポンサーリンク

道志の森キャンプ場でソロキャンプツーリング

愛車ヤマハ ビーノ125cc(Yamaha Vino)

こちらが自分のバイク、ヤマハ ビーノ125cc。台湾からの輸入車です。乗り始めて10年くらいと結構経ちます。生産終了になっていますが、レトロ風な感じが人気で街中でもたまにみかけます。

キャンプ用のテントを買う

1泊目はキャンプにしようと出発当日に思い立って、テントを買いました。

そういえば、ヨドバシカメラのエクストリームサービスだったら当日に届くかな、朝早く注文して、なんと当日の昼過ぎには届きました。

短い時間でネットで色々と調べて買ったのがバンドックDUO-DOME2

2人用なので、1人利用には少し広めです。折りたたんだ時は40x16x16cmと収納性も高いモデル。スクーターなので、なんとかメットインに入るサイズを選びました、が、結局はバイクの後ろに紐で結ぶことになりました。

家で一回テントを設置してみましたが、テントに慣れていない私でも、特に迷うことなく10分くらいで出来ました。

BUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-18 収納ケース付 コンパクト収納 ドーム型 【1~2人用】
BUNDOK(バンドック)
¥9,440(2021/05/04 00:05時点)
材 質:フライ/ポリエステル インナー/ポリエステル フロア/ポリエステル 入口&窓/ポリエステルメッシュ フレーム/グラスファイバーΦ7.9mm

※その後、DUO-DOME2は販売終了となりました。今販売しているテントではバイクのソロキャンプにはBDK-18がおすすめです。

富士山方面へ出発

テントを試したりと、初日は出るのが遅くなってしまい、自宅のある東京を午後3時過ぎに出発。246経由で山中湖方面に向かいます。

キャンプはこちらもネットで調べて道志の森キャンプ場にしました。バイクで乗り入れられて便利なせいか、ツーリングの聖地とも言われているらしいです。

近くには他のキャンプ場もたくさんあるのですが、なぜか、ここが人気です。泊まってみて、設備の良さ、かなと理由もわかりました。

シルバーウィーク最後の日曜日だったので、途中で帰りのツーリングのバイクと何度もすれ違いました。ただ、大きめのバイクばかりで、スクーターはほとんど見かけませんでした。道志の森近くはスラローム続きの道でバイク向きですが、スクーターだとそこまで楽しい道って感じでは無いです。

道志の森キャンプ場

キャンプ場についたのは6時過ぎ。周りはすでに暗くなっていました。

光ががほとんど無い中、案内図を頼りに受付見つけました。既に閉まっておりスタッフはいませんでした。

受付に書いてあった番号に電話をしたところ、まだ、スタッフが近くにおりなんとか受付終了。なお、受付は泊まった後でも問題ないみたいです。

日曜日の夜で、利用者はあまりいませんでしたので、トイレに近めの場所でバイクのライトで照らしつつ、テントを設営しました。

まわりの方々はバーベキューをしていましたが、特に食事は用意もしていなかったので、バイクで食事できるところを探しました。日曜日の夜のせいか空いている店はありません。

山中湖のダイナーでディナー

唯一開いていたデイリーヤマザキに行きましたが、たいしたものは残っておらず、店が開いているらしい山中湖へ行きました。真っ暗な道を15kmほど。

山中湖畔も人気なく、ほとんど店が開いていません。1/4周くらいしたところで、空いているダイナーを見つけてディナーにしました。※Dino Dinerですが、現在は河口湖に移転したそうです。

コンビニでお酒とおつまみを買って、テントに戻りました。

まわりには他のグループもいましたが、すぐ裏に川があり、水の音がしていたので、まわりの音はほとんど気になりませんでした。

こちらはキャンプ場のトイレ。なんとウォッシュレットです。

キャンプ場の朝

次の日の朝は背中が痛くて起きてしまいました。地面が固くて、簡単なマットしか用意していなかったので、ちょっと辛かったです。次はバイカー必須の銀マットが必要かも。ただ、原付二種に積んでいくのはちょっと大変ですね。

Mozambique(モザンビーク) キャンプ マット アウトドアマット レジャーマット 車中泊 極厚20mm【何年も使える耐久性|1年保証】
Mozambique
¥4,680(2021/05/04 00:12時点)
【何年も使える耐久性】高品質のマットをリーズナブルに。何度もキャンプマットを買い替える必要がないよう、何年も使える高品質マット

キャンプ場を散歩します。前日は暗くてわかりませんでしたが、結構山の中です。

こちらがキャンプ場のマップ。 

プールもあり、夏には家族連れで賑わうそうです。

月曜日の朝でしたが、他のキャンプの方もちらほら。バイクの方もちらほらいました。

10時くらいに山中湖へ向かって出発しました。これから富士五湖を周っていきます。

ソロキャンプといえばゆるキャンですよね。

タイトルとURLをコピーしました