ひよこ豆と鶏肉のトルコ風煮込み

スポンサーリンク
豆料理

森崎友紀さんのBlogで世界の美味しい豆特集に触発されて始めた世界の豆料理3回目です。

まだまだたくさん残っているひよこ豆 (Chick Pea)です。

スポンサーリンク

ひよこ豆と鶏肉のトルコ風煮込み

ひよこ豆

トルコ南東部原産で、エジプトでなんと7500年前から食べられていたひよこ豆。トルコ、地中海一体に広まり、インド、アフリカから全世界に広まって行きました。

ひよこ豆 1kg カナダ産
神戸アールティー
¥1,360 (¥1 / g)(2024/03/02 14:46時点)
ひよこに似た ヒヨコマメ は、ほくほくとした食感が特徴。 ヒヨコマメ または 雛豆、 ガルバンソ (スペイン語: Garbanzo) 、エジプト豆 とも呼ばれています。 学名はCicer arietinumで、マメ科ヒヨコマメ属の自殖作物でベジタリアンにも人気の食材です。 水戻し後 サラダ などにも入れたり、スープ におすすめです。 インド で 主食 の 豆カレー の 王道 といえば、 チャナダール カレー 煮込んでも型崩れが少なく、 まるで 男爵いものようなほくほく食感が楽しめます。

最近よく見かけるひよこ豆のペースト、フムス、コロッケにしたファラフェル、カレー、サラダ、シチューなど、世界中で幅広く使用されています。前回紹介したのはミャンマーの炒飯でした。

今回はひよこ豆原産のトルコ風の煮込み料理。トルコではひよこ豆はスープ、煮込み、ペースト、サラダなど色々使われています。

材料(4人分)

ひよこ豆(乾燥)100g
鶏もも肉200g
玉ねぎ(中)1個
パプリカ2個
トマト 1個
小麦粉 大さじ2
オリーブオイル少々
クミンパウダー 小さじ1
パプリカパウダー小さじ2
パセリ(乾燥)少々

作り方

1. 乾燥ひよこ豆は一晩水に浸し、水たっぷりの鍋で茹でます。缶詰を使っても良いです。

2. この時は前日、別の料理に使って残っていた茹でひよこ豆を使いました。

鶏肉は食べやすい大きさにして塩をします。

玉ねぎはみじん切り、パプリカは種をとって、1cm角に切ります。

3. フライパン/中華鍋等にオリーブオイルを入れて、弱中火に熱し玉ねぎ、パプリカを玉ねぎが透き通るまで炒めます。

4. 鶏肉を加えて引き続き炒めます。

5. 鶏肉が炒まってきたら、小麦粉を振り入れます。

6. クミンパウダー、パプリカパウダーを入れて、10分程度中火で炒めます。

7. 鍋に移し、水を具が被るくらいいれます。ミニトマトも半分に切って入れます。

8. 一度沸騰させたら、蓋を半分して20分ほど弱火で煮込みます。

9. 蓋を開けて、ひよこ豆を全部入れ、弱火で20分煮込み、塩胡椒で味を調整し、完成です。

10. 最後にパセリを振って盛りつけます。

ひよこ豆の軽い少しサクッとした感じが鶏肉、たまねぎの優しい甘さにぴったりです。

豆が入っているので、これだけで結構お腹にたまります。バゲット、シチューのようにご飯と合わせても良いです。

今回のレシピもこちらの本のレシピを自己流にアレンジしました。世界の豆料理が網羅されており、読んでいるだけですごく参考になりました。 

タイトルとURLをコピーしました