アメリカ料理チキンパルメザンをブルドッグうまソースで簡単に

レシピ

レシピブログのモニター企画でブルドックのうまソース2種を頂きました。ブルドックの中濃ソースは冷蔵庫の常備品ですが、うまソースは初めてです。少し使ってみての感想ですが、うまソースは中濃ソースよりもう少し和風よりの味、そして、うまソースのトマトタイプは旨味の強いトマトソースといった感じでしょうか。

今回はうまソーストマトタイプを使ってイタリアンルーツのアメリカ料理の定番のチキンパルメザンを作りました。チキンパルメザンは子供に特に人気のチキンカツにチーズとトマトソースをのせた料理。スパゲッティと一緒に食べられることが多いです。本来はチーズもパルメザンチーズなんでしょうが、今回はスライスチーズで代用です。

※2020年現在、ブルドッグうまソーストマトタイプは販売されていないようです。名前を変えてうまトマソースで販売されているようですが、オンラインでの販売がなさそうです。

チキンパルメザン

材料(2人分)

鶏胸肉1枚
小麦粉適量
1個
パン粉適量
スライスチーズ2枚
うまソーストマトタイプ大さじ2
スパゲティ2人分

作り方

1.  鶏の胸肉を厚さ1-2cmになるように2枚に切り分け、塩をします。

2. 鶏肉から水が出てきたら、きれいにキッチンペーパーで水気を取り、小麦粉、卵、パン粉を付けて180度の油で揚げます。

3. スパゲティを茹でるお湯を沸かし、塩を多めに入れて袋の指示通り茹でます。

4. スパゲティを茹でている間にチキンカツにスライスチーズ(とろけるタイプ)を載せオーブントースター、オーブンでチーズを溶かします。

5. 茹で上がったスパゲティの水を切り、チキンカツと盛り付け、うまソーストマトタイプをかけて完成です。あれば、バジルかオレガノをかけると美味しいです。

普通はパスタ用のトマトソースかトマトソースを作ってかけますが、うまソーストマトタイプで代用したところ、これがよく合いました。

もともと、カツにあう中濃ソースをベースとしているトマトソースなので、いいとこ取りって感じです。チキンカツはお惣菜で買ってきたものを使ってもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました