沖縄、東南アジアのスパイス ヒハツ(フィファチ)

スポンサーリンク
世界のレシピ

ヒハツ(フィファチ)は東南アジア原産で沖縄でも自生し、栽培されている胡椒系のスパイス。英語でロングペッパーと呼びます。

ヒハツ、フィファチ、ヒバーチ、ピィパーズなど場所により、発音は少々異なるようです。 胡椒っぽい辛さは少しありますが、胡椒程強くなく、適度な甘みが感じられます。

沖縄ではソーキそば等何にでも使われるようです。

沖縄で食べた事があったのですが、京王線代田橋の沖縄タウンで見つけて購入しました。色々な料理と試してみましたが、オムレツなど、玉子の料理に良く合うかな、と思いました。

今回は豆腐チャンプルーにあわせてみました。

ヒハツ(フィファチ)の事を調べていて気がついたのですが、家にホールの状態のスパイスがありました。

昨年、インドネシアに行った時にマーケットで買ってきていました。袋を開けるとまさにフィファチの匂いです。 外国に旅行した時に見た事が無いスパイスがあったら買う事にしていますが、その時に買ったまま使い道が分からず放置でした。

試しにミキサーで砕いてみたらまさにフィファチそのものになりました。

タイトルとURLをコピーしました