インド、ネパールのごはんのおかず じゃがいも、カリフラワー、大根のアルゴビ(タルカリ)

インド・ネパール・スリランカ

インドのヒンディー語でアルはじゃがいも(Aloo)、カリフラワーはゴビ(Gobhi)です。インドではアルゴビ、ネパールではタルカリと呼ばれますが、どちらもじゃがいもとカリフラワーが入ったカレー風味の炒め煮でレシピはほぼ一緒。ベジタリアンの優しい味でご飯によくあいます。ネパール風に大根も入れて作りました。

インド、ネパールのごはんのおかず じゃがいも、カリフラワー、大根のアルゴビ(タルカリ)

材料(4人分)

じゃがいも1個
カリフラワー1/2個
大根1/6本
たまねぎ1/2個
にんにく1片
生姜1/2片
トマト(中)3個
唐辛子1本
クミンシード小さじ1
少々
パウダースパイス
ヒング小さじ1/4
ターメリック小さじ2
コリアンダー小さじ1

トマトは色が濃いフルーツ系のトマトがおすすめです。無ければ水煮缶(1/2)でも。

別名「悪魔の糞」ヒング(アサフェティダ)

このレシピは別名「悪魔の糞」と呼ばれる独特の匂いがあるスパイス、ヒング(アサフェティダ)を使用します。そのままだと独特のきつい硫黄の匂いがするのですが、油で炒めると香ばしい香りに変化します。野菜と良く合い整腸効果があるそうです。

ギー

油はインド・ネパールのバターオイル ギーを使いました。水牛やヤギのミルクで出来たバターを加熱、ろ過したもので、インド・ネパール料理でよく使われています。ちょっと高いですが、これを使うだけで本格的な味になります。

作り方

1.玉ねぎ、にんにく、生姜はみじん切りにします。トマトはざく切りにします。じゃがいも、カリフラワー、大根も3cm角程度に切ります。

フライパンにギーとクミンシードを入れて香りが出るまで熱します。(テンパリング)ヒングを少しだけ入れます。

2. 玉ねぎ、にんにく、生姜、唐辛子を入れて、玉ねぎが透明になるまで中火で炒め、パウダースパイス、トマトを加えます。

3.トマトが崩れるまで中火で炒めます。

4.カリフラワー、じゃがいも、大根を入れます。蓋をして野菜が柔らかくなるまで火を通して、塩で味を整えて完成です。

大根を入れているので、適度に水分が出ますが、足りない場合は水を少し足します。

こちらもネパールのダルバート風のプレート1品として頂きました。

タイトルとURLをコピーしました