アメリカのソウルフード 定番のベイクドマカロニアンドチーズ

世界のレシピ

アメリカの定番料理Mac’n Cheese(マッケンチーズ)です。

アメリカに滞在していた時は、近所のダイナーや、サンクスギビングの一品、持ち寄りパーティの一品などでよく食べていました。アメリカ人はみんなこだわりのマッケンチーズのレシピを持っていると言われるくらい、定番の料理。アメリカではいつもKraftのインスタントでしたので、一から作ってみました。

今回はパン粉を振りかけて、オーブンで仕上げるバージョン。ホワイトソースを作り、チーズを混ぜいれて、茹でたマカロニを入れ、パン粉を載せてオーブンで焼きます。

ベイクドマカロニアンドチーズ – Baked Macaroni and Cheese –

材料(2人分)

マカロニ 200g
バター50g
小麦粉大さじ1
牛乳       250ml
とろけるチーズ大さじ3
適量
胡椒適量
パン粉大さじ2

作り方

1.  マカロニを指定より少し短めの時間で茹でます。

2.  ホワイトソースを作ります。フライパンか鍋を中火で熱し、バターを溶かします。振るった小麦粉を入れ、だまにならないように混ぜ、固形になったら、牛乳を少しづついれて完成です。レトルトのホワイトソースでも。

3. ホワイトソースにチーズを混ぜ込み、塩胡椒で味付けします。

4. マカロニを混ぜます。

5. グラタン皿にマカロニのミックスをいれ、パン粉を振りかけ、バターを少し載せます。

6. オーブン・オーブントースターで180度でパン粉に焦げ目が少しつくまで、加熱します。10-15分くらいです。

取り分けて完成です。アメリカではこれだけをディナーに食べたりもしてましたが、日本だとサンドイッチ、ステーキ、フライドチキンの付け合わせや、ホームパーティの一品にちょうど良いと思います。

アメリカの定番のクラフトのマカロニチーズはこちらから。ちょっと健康に悪そうな感じですが、これはこれでアメリカのソウルフードです。

タイトルとURLをコピーしました