15分で作れるインドの蒸炒め料理 かぼちゃのサブジ

インド・ネパール・スリランカ

以前、南インドの蒸し炒め料理ポリヤルを紹介しましたが、今回は北インドの蒸し炒め料理、サブジ(Sabji)です。

インドではキーマカレーの付け合わせなどに食べられるそうです。残った野菜で10分程度につくれるので、お弁当のおかずなどにも、一品足りない時にもちょうど良いです。サブジの材料はポテト、カリフラワー、オクラ、ピーマン、ナス、きのこなど何でもありです。今回は冷蔵庫に余っていたかぼちゃを使いました。

かぼちゃのサブジ

材料(2人分)

かぼちゃ1/4個
レーズン大さじ1
マスタードシード小さじ1
クミン小さじ1
チリパウダー小さじ1
サラダ油大さじ2
少々

ブラウンマスタードシード

粒マスタードの原料のマスタード(洋芥子)の種です。インド、特に南インドではスタータースパイスとして、料理の最初に油の香りづけに使われます。

作り方

1. カボチャはを炒めやすい大きさに切ります。四角に切る方が多いようですが、今回はスライスにしました。

2. フライパンにサラダ油を入れ、マスタードシードとクミンを入れて、中弱火で熱します。

3. スパイスの香りが出てきたら、カボチャを入れて時々かき混ぜながら少し炒めます

4. レーズン、チリパウダー、水を入れ、かき混ぜたら、蓋をし、水分がほとんどなくなるまで蒸します。

5. 蓋をあけて、少し炒め、塩で味を付けて完成です。

インドのレシピ本は香取薫さんの本がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました