シンプルだけど本格的!シンガポール料理ジンジャーチキンの作り方

スポンサーリンク
世界のレシピ

シンガポールといえばチキンライスが有名ですが、ジンジャーチキンは蒸した鶏もも肉をジンジャーソースにつけてレタスで巻いて食べる料理。

エスニック料理らしい味付けですが、どこでも手に入るシンプルな材料で簡単に、しかもかなり安く出来ます。食卓でレタスで巻いて食べるのは子供喜ぶ楽しい料理だと思いますので、是非作ってみては。

スポンサーリンク

サムスィジンジャーチキン(Samsui Ginger Chicken)

シンガポールジンジャーチキンとは?

シンガポールのSoup Restaurantの名物料理で、1920年代と1940年代に中国から建設業などの職を求めて移民してきた女性(Samsui Women)が作っていた料理が元になっています。移民の女性は収入が少なかった為、一年に一度、中国の新年の時期にしか食べられなかったそうです。

Soup Restaurant

Soup Restaurantのジンジャーソースは単体でも売っていて、シンガポールのお土産の定番のようですが、日本では売っていないようです。

Soup Restaurant Samsui Sauce - Ginger | NTUC FairPrice
This recipe originates from Samsui women who came to Singapore in the early 1930's and the ginger sauce is served with our signature "Samsui Ginger Chi...

材料(2-3人分)

鶏もも肉2枚
青ネギ1本
日本酒大さじ1
レタス1個
きゅうり2本
ジンジャーソース
生姜1片(中)
にんにく1片(小)
長ネギ(白い部分)5cm程度
砂糖小さじ1
少々
醤油小さじ1/2
ごま油大さじ1/2
蒸し鶏の残し汁大さじ1

作り方

1.最初に鶏肉を蒸します。水に青ネギを適当に刻んで入れ、日本酒を鶏肉の上から振って蒸します。

鶏肉を大きな塊で蒸すのは時間がかかるので、今回は時短のために圧力鍋で蒸しました。蒸し終わったら鶏肉を冷やします。

うちではフィスラーの圧力鍋ビタクイックを愛用しています。

2.ソースを作ります。生姜、にんにく、ネギをみじん切りにして、ごま油、砂糖、醤油を加え、味見をしながら、鶏肉の旨味が出ている蒸した後の残りのスープでタレを少しのばします。

オリジナルでは醤油は使わず、白いソースですが、少し物足りない感じだったので、醤油も少しだけ加えました。



3.レタスは別皿に用意します。きゅうりを斜めに切ってお皿に並べます。蒸し終わった鶏もも肉を切り分けてのせて、真ん中にジンジャーソースをのせて完成です。

レタスに鶏肉、きゅうり、ジンジャーソースをのせて巻いて食べます。

アレンジでシンガポールチキンライスのダークソースとパクチーも添えてみました。ダークソースは醤油、砂糖、ネギを同じ蒸し鶏の残りのスープで溶いて作りました。

タイトルとURLをコピーしました