マスタードと生クリームで簡単で優しい味のブラジル風チキンストロガノフ

スポンサーリンク
世界のレシピ

ストロガノフといえば日本ではビーフストロガノフで、家庭での定番。元々はロシア料理で、世界各国で食べられていますが、ブラジルでも家庭料理の定番として、広まっています。

ブラジルのストロガノフは牛肉を使うこともありますが、鶏肉を使うのがもっと一般的です。

調理法の違いとしてはオリジナルのロシア、そして日本で広まっているバージョンのストロガノフはサワークリームを使って酸味を効かせますが、ブラジルバージョンはマスタードと生クリームを使います。また、細切りのフライトポテトを添えて、一緒に食べるのが一般的です。

スポンサーリンク

ブラジル風チキンストロガノフ -Estrogonofe de Frango

材料(2人分)

鶏むね肉1枚
マッシュルーム6個
玉ねぎ1個
トマト缶1/2
にんにく1片
生クリーム100ml
チキンブイヨン100ml 
ケチャップ大さじ2
マスタード大さじ1
バター大さじ1
適量

作り方

1. 鶏むね肉を2cm角に切ります。にんにく(チューブ可)、玉ねぎはみじん切りにします。マッシュルームは2mくらいに薄切りにします。

2. フライパン(または中華鍋、底の深い鍋)にバターを熱し、中火で鶏むね肉を炒めます。

3. 鶏肉に色が付いたら、にんにく、玉ねぎ、マッシュルームを加え、玉ねぎがしっとりするまで炒めます(7-8分)。

4. 火が通ったら、チキンブイヨン(キューブを水に溶かしてもOK)、トマト缶、ケチャップ、マスタードを入れて、中弱火で火を通します。

5.10分くらい煮込み、生クリームを加え、3分ほど火を通して完成です。

ライスと盛り合わせます。

細切りポテトフライ(Batata Palha)と一緒に食べると食感がちょうどよく美味しいですが、なかなか手に入らないので、今回はじゃがいもから作りました。

日本のストロガノフとは一味違う仕上がりですが、ご飯にあう優しい味です。

このチキンストロガノフはマスタードで酸味を出すところがポイント。サワークリームは買っても余ってしまうことが多いので、使いまわせる一般的な材料で作れるのが嬉しいです。

チキンストロガノフの甘みととろみは玉ねぎからですが、玉ねぎをみじん切りにするのは毎回大変。

うちでは1000円以下で買えて簡単に使えるぶんぶんチョッパーを愛用しています。これだと目に染みることも無いです。

K&A みじん切り器 ふたも洗える ぶんぶんチョッパー ホワイト BBC-01
ケイ・アンド・エー
¥1,518(2020/10/12 09:59時点)
サイズ:約12.5×12.5×9cm / 満水容量:約450ml
タイトルとURLをコピーしました