アメリカ南部の定番料理ピメントチーズをピーマンを使って作るレシピ

スポンサーリンク
ピーマンでピメントチーズアメリカ

肉厚のピーマンでアメリカ南部料理の定場ピメントチーズ風のディップを作ってみました。

ピメントチーズは辛くない赤い唐辛子ピメント、チーズ、マヨネーズなどと合わせて、クラッカーと食べたりパンに塗ったりするディップ。ゴルフのマスターズではピメントチーズのサンドイッチが名物だそうです。意外な食材の組み合わせですが、マヨネーズ、チーズに爽やかなピーマンの食感と苦味が絶妙な具合でクセになる味。何年も前にアメリカ南部に住んでいた頃に食べていたのが懐かしい料理です。

甘みがあり、味が濃厚なピーマンが手に入ったので、合うのでは?と思って作ってみたらぴったりでした。

スポンサーリンク

ピメントチーズ風ディップ

材料(2人分)

ピーマン(大)5個
クリームチーズ大さじ2
ピザ用チーズ大さじ2
マヨネーズ大さじ1
タバスコ少々
パプリカ少々
少々
胡椒少々
ピーマン

ピーマンはレシピブログのモニタープレゼントで頂いた鹿児島県産のものを使いました。10月-5月にハウス栽培される冬ピーマンとのことで、肉厚で苦味が少なく旨みが濃厚です。

【レシピブログの旬のピーマンで簡単おかずモニター参加中!】

作り方

1.オーブントースターを最高温度(220度程度)に設定して、ピーマンを丸ごとローストします。

ピーマンのロースト

うちで使っているオーブントースターはちょっと古いデロンギ。熱の回り方がちょうど良く、肉、野菜のローストにぴったりです。

こちらはデロンギの現行のモデル。デロンギのコンベクションオーブンはデザインも良く長年愛用しています。

デロンギ(DeLonghi)  スフォルナトゥット コンベクションオーブン ホワイト 12.5L EO12562J-WN
DeLonghi(デロンギ)
¥29,800(2021/03/15 23:09時点)
外形寸法(幅×奥行×高さ):490x365x240mm / 本体質量:6.8kg

2.ピーマンの皮が少し焦げる程度にローストしていきます。適宜菜箸でピーマンを動かしながらローストします。大体10分程度です。オーブントースターがない場合は魚焼きグリルでも。

ローストピーマン

3.オーブントースターから取り出し、少し冷めたらフォークで皮と種を取っていきます。意外にきれいに取れます。

ピーマンでピメントチーズ

4.ローストされたピーマンを小さく切り分けます。他の材料も用意します。

ピーマンでピメントチーズ

5.ボールに材料を合わせます。

ピーマンでピメントチーズ

6. ハンドブレンダーで混ぜます。うちで使っているのは手軽で飛び散ったりすることもないブラウンのハンドブレンダーです。

ブラウン ハウスホールド マルチクイック5 ヴァリオ ハンドブレンダー1台5役 つぶす・混ぜる・泡立てる・きざむ・砕く ホワイト MQ5045
ブラウン ハウスホールド(Braun Household)
¥9,350(2021/03/15 23:36時点)
つぶす・混ぜる・きざむ・泡立てる・砕くを簡単に使いこなせる1台5役のアドバンスドモデル
ピーマンでピメントチーズ

7. タバスコを少し振り、塩、胡椒で味を整えて、パプリカを少し振って完成です。

クラッカーやバゲットに添えてディップとして食べても、サンドイッチの具にしても美味しいです。冷蔵庫で5日程度持ちますが、作った当日より次の日以降の方が味が馴染んでいて、ピーマンの旨みが感じられると思います。

タイトルとURLをコピーしました