アメリカのファーストフード中華の定番 鶏むね肉とブロッコリーのオイスターソース炒め(Chicken and Brocolli Stir Fry)

スポンサーリンク
世界のレシピ

最近凝っているアメリカのファーストフード中華の定番メニューです。アメリカのドラマで中華のテイクアウトをして、紙の箱から直接食べているシーンを思い出す方もいるかもしれません。また、最近は数年前に上陸していくつかのモールにあるパンダエクスプレスも人気ですね。

アメリカのファーストフード中華は日本の中華と同じように、アメリカ独自に発展した料理が多く、ツォ将軍のチキン、クンパオチキンなど、炒め物中心で、中国に無い独自の人気メニューが多いです。

スポンサーリンク

鶏むね肉とブロッコリーのオイスターソース炒め(Chicken and Brocolli Stir Fry)

材料(2人分)

鶏胸肉1枚
ブロッコリー1/2
オイスターソース大さじ1
ごま油大さじ1
片栗粉大さじ1
中華だし小さじ1
砂糖大さじ1/2
醤油大さじ1/2
白胡椒適量
にんにく1/2片
生姜1/2片

にんにく、生姜はチューブでも。白胡椒は無ければ黒胡椒で。中華あじはいくつかありますが、うちでは創味シャンタンを使っています。ちょっと料理に足すと味がまとまります。

創味シャンタンやわらかタイプ 120g×3個
創味食品
¥1,499 (¥500 / 個)(2020/10/12 23:44時点)
内容量:120g×3個

片栗粉は最後にとろみをつけるのに使いますが、うちでは「日清水溶きいらずのとろみ上手」を使うこともあります。結構時短になります。この場合はソースの水を大さじ2にします。

日清水溶きいらずのとろみ上手 100g×4袋
日清製粉
¥1,123 (¥281 / 袋)(2020/10/12 23:44時点)
原材料:でん粉/加工でん粉、(一部に小麦を含む)

作り方

  1. 鶏胸肉はそぎ切りにして、オイスターソース(大さじ1/2)と水(大さじ1)を入れて、10分ほど下味をつけると共に水を吸わせて、鶏胸肉がぱさぱさにならないようにします。

2. ソースを作ります。残りのオイスターソース(大さじ1/2)、ごま油、中華だし、醤油、白胡椒、そして、水大さじ2を入れて混ぜておきます。

3.ブロッコリーを沸騰したお湯で1分ほど下茹でします。

水溶き片栗粉を用意します。片栗粉大さじ1に水は大さじ2ほど。

4. 中華鍋かフライパンにサラダ油を多めに入れて、ニンニク、生姜を入れ、香りが立つまで強火で炒めます。

5.鶏胸肉はを入れて色が変わるまで炒めます。

6.ブロッコリーを入れて炒めます。

7.ソースを入れて、少し炒め、水溶き片栗粉を入れてとろみがついたら完成です。

ご飯と同じくアメリカ中華の定番溶き卵のスープ(エッグドロップスープ/Egg Drop Soup)と合わせました。最初に鶏むね肉を柔らかくしているのでジューシーに仕上がります。

「農林水産大臣賞」受賞!気仙沼完熟牡蠣のミルキーオイスターソース
株式会社石渡商店
¥1,250 (¥8 / g)(2020/10/12 23:44時点)
◆内容量は160gです。
タイトルとURLをコピーしました