創業六十年の讃岐うどんの老舗 宮武讃岐製麺所のカレーうどん

袋麺

讃岐うどんでカレーうどんってちょっと以外に感じられるかも知れませんが、高松では飲んだ後の〆として有名。

昨年、高松に旅行に行った時に有名店2軒に行きましたが、どちらも行列で味も大満足でした。

高松のカレーうどんをもう一度食べたいけど、そうも行かない昨今ですが、近所の店で宮武讃岐製麺所のカレーうどん見つけました。

宮武讃岐製麺所は創業六十年で、丸亀市に本店がある老舗。最近は通販にも力を入れていて、ネットショップでも購入できるそうです。

宮武讃岐製麺所のカレーうどん

うどんはゆでうどんで、粉末スープ。

調理は簡単で一人前300ccのお湯の中でうどんを温めて、粉末を入れて少し煮込むだけです。

具は冷蔵庫に残っていた豚肉、油揚げ、そしてネギを加えました。

豚肉、油揚げは最初に別の鍋で少し茹でて、茹で汁はアクをこして、うどんのスープのベースにしました。

カレースープは割とあっさり目でカレーのスパイス感、辛味は少なめ。まろやかで味がきれいにまとまったスープです。とろみも少なめ。

麺は特別製法の3層造りとのことで、1層目、3層目は柔らかく、2層目は固めでうどんの層を造り、コシがしっかりした喉越しのあるうどんとの事。レトルトにしてはレベルが高いのではないでしょうか。

スープとうどんがぴったり調和しているうどんでした。

カレーうどんと言えば、京都のカレーうどんもまた食べたくなりました。

タイトルとURLをコピーしました