煮干しスープが美味しい!千葉県鎌ヶ谷市茂野製麺の手折り煮干しラーメン

スポンサーリンク
袋麺

先日千葉県手賀沼近くの道の駅「しょうなん」に行った際に購入した袋麺、茂野製麺の手折り煮干しラーメンがかなり美味しくCP抜群だったので紹介させて頂きます。

手折り麺とは乾麺が手折りで4つ折りになっていて、小さなサイズになるので、小さい鍋で茹でやすく便利な袋麺です。パッケージもかなりコンパクトです。

スポンサーリンク

茂野製麺の手折り煮干しラーメン

こちらが今回調理した煮干しラーメンです。チャーシュー、ほうれん草、温泉卵、ネギをトッピングしました。袋麺とは思えない濃厚な煮干しのスープが美味しいラーメンでした。

茂野製麺とは

茂野製麺は昭和25年に精米業で千葉県鎌ヶ谷市にて創業し、昭和29年から乾麺を作り続けている老舗メーカー。そば、うどんなども製造しており、スーパーなどで見かける事も多々あります。

茂野製麺 石臼挽き二八×10個
茂野製麺
¥3,200 (¥320 / 個)(2021/06/23 00:48時点)
国内産のブランドそば【常陸秋そば】を石臼挽き製粉で仕上げたそば粉を使用した八割そばです。歯切れが良く、噛むごとに風味豊かなそばの味をご堪能下さい。(注)石臼挽き製粉の特徴:一般的なそば製粉工場では効率の良いロール式製粉が主流ですが、製粉中ロールに摩擦による発熱が起こりそばの風味を損なう事があります。その点石臼挽き製粉法は御影石を使用し摩擦による発熱を少なく出来る効果があります。

手折りめんのシリーズは小さめの四角形のパッケージでそば、信州そば、鎌ヶ谷そば、カレーうどん、ざるうどん、味噌煮込みうどん、坦々麺、冷やし中華、しょうゆらーめん、煮干しラーメンなど16種類。

茂野製麺はオンラインショップも運営しており、手折りめんの自由詰め合わせは特にギフトにもおすすめです。

茂野製麺オンラインショップ
そばやうどん等の乾麺を製造販売している茂野製麺の直売店です。

手折り煮干しラーメンのパッケージ

どことなくレトロで可愛い小さなパッケージ。道の駅で手に取って、気に入ってそのまま購入しました。

価格は一袋120円くらいです。一食128g(めん80g)でカロリーは345kcalと袋麺にしてはカロシー控えめです。

実食レポート

この袋麺はスープと麺は別に調理するタイプ。スープは先に丼に入れて300mlの熱湯で溶かします。麺は別途4分半茹でます。手折りで小さいので確かに茹でやすいです。

今回はトッピングとしてチャーシュー、ほうれん草、温泉卵、ネギを追加しました。

麺は昔ながらって感じの中華麺です。

スープは煮干しをベースにしたちょっと甘めのスープ。煮干し感が袋麺ではありえないくらい濃厚に出ていて、かなりレベルの高いスープです。

トッピングのチャーシューはうちではいつも冷蔵庫の中に常備している自家製チャーシューです。しっとりとしたチャーシューが割と安く、簡単に出来るので、チャーシューを家で作るのもおすすめです。

普段はなかなか袋麺のスープを飲み干す事もないのですが、煮干しスープが美味しくて完食しました。近所のスーパーで見たことはないのですが、この価格でこれだけの美味しさ、なので見つけたらまた買うと思います。

茂野製麺のオンラインショップでは12個以上のセットがメインでギフト用って感じ。お中元などにもらったら嬉しいかも、と思いました。

タイトルとURLをコピーしました