大分の郷土料理 鶏肉の天ぷら とり天

ご当地グルメ

大分の郷土料理とり天を作りました。最近は居酒屋のメニューでもよく見かけますね。

鶏肉の天ぷらですが、揚げるのにちょうど良い大きさとしっかりついた下味、そしてポン酢に辛子のたれがぴったりで、人気の料理になっているのでは、と思います。

家で作ってみましたが、簡単で美味しく出来ました。

大分の郷土料理 とり天

材料(4人分)

鶏むね肉1枚
にんにく小さじ2程度(チューブまたはおろし)
しょうが小さじ1程度(チューブまたはおろし)
日本酒大さじ1
醤油大さじ1/2
片栗粉適量
小麦粉適量
1個

鶏むね肉は皮を取り除いて、5x10cmくらいの大きさにそぎ切りにします。そぎ切りにすると下味が染みて美味しいです。

作り方

1.そぎ切りにした鶏むね肉に下味を付けます。

アイラップ、ジップロックなどのビニールの袋に鶏むね肉、にんにく、しょうが、日本酒、生姜、醤油を入れて揉み込み、30分程度おきます。

家ではアイラップを使っています。強度があって、熱を加えても大丈夫なので重宝しています。

アイラップ 60枚
Iwatani(イワタニ)
¥179(2020/06/05 23:56時点)
商品サイズ (幅×奥行×高さ) :215mm×79mm×97mm

2.小麦粉、片栗粉、卵で衣を作って、とり肉を絡ませます。

3.180度の油で揚げます。

4.揚ったとり天を千切りキャベツ、大葉、ミニトマトなどと盛り合わせて完成です。

ポン酢、または酢醤油と辛子と食べるのが定番です。タルタルソースでも美味しいです。お酒でもご飯にでもあう味ですね。

残ったとり天は天ぷらうどん、天ぷらそばにしても美味しいです。

地元の大分のから揚げ専門店からのとり天のお取り寄せはこちらから。

タイトルとURLをコピーしました